ウェディングドレス選び|レンタル?購入?|カラードレスの選び方は?

ドレス選びは、花嫁さんにとって最重要事項ですよね。

この記事では、レンタルしたウェディングドレスと、購入したカラードレスについて書いています!

ドレス選びのポイントや、レンタルと購入の、それぞれの良かったところや気になったところを書いておきますね。

スポンサーリンク

ウェディングドレス選びは、テーマを意識

ウェディングのテーマを意識してドレスを選ぶと、迷う時間が少なくてよかったです。ちなみに、私たちのウェディングのテーマは「T(楽しい)K(かわいい)O(おもしろい)」を掲げていました(笑)ドレス決めの際は、テーマの中の「K(かわいい)」を基準にしました。

テーマ決めに関しては、以下の記事に書いています。

実際に行ったウェディングプログラム|流れとテーマ|ゲスト参加型の演出ご紹介|写真アリ
結婚式のプログラム、披露宴のプログラム作りに参考になる、私たちのレストランウェディングのプログラムやテーマをご紹介しています。流れと、取り入れた演出の詳細を書いています。ウェディングツリー・バルーンスパーク・フォトラウンド・結婚式余興など

試着後は必ず写真を撮る

テーマに沿い、「ふわふわ」「 きらきら」「 おひめさま」 をキーワードにして、3着のプリンセスラインのウェディングドレスをピックアップしました。

やはり実際に目で見た印象と、写真に写った印象とでは、同じドレスも違って見えます。後から他の家族からアドバイスがもらえたり、家に帰ってから冷静になって見返してみたりするためにも、撮っておくのは大事だと思います!

これから先は、私が試着したドレス写真を載せておきますね。ドレスの特徴や、選んだときのポイントも書いておくので、是非見てね。笑

先に落選したドレスたちの写真を載せます!

このドレスは、オーバースカート(左の写真)を巻き付けることによって2通りの見栄えを楽しめる2WAYドレスでした。また、スカートはサテンのような生地、胸元はハートカットです。色はホワイトかな?

ウエストか下が細く見えて、かわいい!オーバースカートをつけると、同じプリンセスラインでも大人っぽい感じになりました。

こちらは、スカート部分がチュール素材で、ふわふわなスカートがかわいいドレスでした。スカートの前部分が、カーテンのように分かれているデザインです。また、記事が少しだけ黄みがかった生成り色のようでした。

背中にリボンがついていて、後ろ姿もかわいい♪

どちらのドレスもかわいい要素をしっかり持ち合わせていましたが、決定したドレスは、この落選したドレスたちが持つかわいさを上回っていました(笑)

こちらが決定したウェディングドレスです♪スカートのチュールが段になって、ふわっふわなボリュームを出しているのと、胸元とスカートにちりばめられている、ラメ付きの花の刺繍に、心奪われました。

写真を撮っておいたことで、ウェディングが終わってからもこんな風に、あの頃を見返すツールにもなっています。笑

自分に似合う形・似あう色がある

前の項目で、試着写真とともに、ドレスの特徴も書きました。

ドレスの形(Aライン、プリンセスライン など)、ドレスの生地(サテン、チュール など)、胸元の形(ハートカット)、オプション的要素(オーバースカート、刺繍、ラメ、バックリボン)などなど…

この記事に出てくるだけでもこんなに色々なドレスの形や特徴があります。ぜひ、自分にあう形を見つけてみてください。

また、同じような白いドレスでも、実物を見ると、黄みがかった白や、純白の白など、色味にも違いがありました。

・ ドレスの形は体型にあっているか
・ ドレスの色味は肌や髪色とあっているか
・ 顔が明るく見えるかどうか

私は、ウエストの下に脂肪がついている幼児体型なので、ウエストで引き締めて、スカートが広がっている形(プリンセスラインやAライン)のドレスを選びました。また、胸が少し大きめなので、胸元はハートカットではないものを選びました。

骨格診断やパーソナルカラー診断などの便利なイベントもやっているので、それらを活用するのも良いですね。ちなみに私は、そのようなイベントにかかる費用を予算に入れていなかったので、していません。基本的には好き勝手に選びました。笑

ドレスのアウトレットショップに行ってみた

カラードレスは、ウェディングドレスを決めたレンタルのドレスショップには品が少なく、費用も高額だったため、デパートのアウトレットショップ(販売)で手に入れました。

私が行ったアウトレットショップは、デパートの催事コーナーで、ウェディングドレスもカラードレスも、どちらも種類が豊富でした。

もちろんアウトレットなので、何度か人が着用したものを扱っていました。でもそれはレンタルも同じなので、私は気になりませんでした。

費用に関しては、レンタルの1/10程度でした。具体的にいうと、レンタルだと20万円~。アウトレットショップでの購入だと2万円~といった具合です。

カラードレス選びは 自分らしさ+意外性

ちゃこちゃんって、ピンクとか黄色ってイメージだよね~!

母や幼馴染からの情報によると、私には”ピンク“や”黄色”といったイメージカラーがあるようです。私は、あえてそれを覆すようなカラードレスを探しました。

せっかくお色直しをするのだから、ゲストに「おお意外!」と思わせるような色にしたかったからです。

とはいえ、私にはあまり寒色系の色は似合わず…ピンクとオレンジの中間のような、鮮やかなサーモンオレンジのドレスに決定!形は、ウェディングドレスとのメリハリをつけたかったため、Aラインドレスで、スカートのボリュームが少なく、ストンとした印象のものを選びました。

ウェディングドレスを選ぶ時と一緒で、「かわいい」のテーマと、「おひめさま」のキーワードに沿って選びました。購入費用は2万5千円くらいでした!

カラードレスを購入してアレンジした話

カラードレスは、「おひめさま」をキーワードにし、具体的には「花のプリキュア」をイメージしました。そこで、購入したカラードレスを、よりイメージに近づけるためにアレンジを加えました。

購入したドレスには、自分好みのアレンジが可能という点が、レンタルとの大きな違いです。

ラナンキュラスの造花を胸に付けました。サッシュベルト(サッシュリボン)はオーガンジーリボンの重ねづけにしてふんわり感を出しました。

髪飾りは、黄色のオーガンジーリボン(手作り)にしました。プリザーブドのカスミソウもつけています。花に集まる蝶をイメージして作りました。

髪飾りのほかにも、カラードレス用のリストブーケとブートニアも、ドレスにあわせて手作りしました。

ドレスは、ブランドや有名人のデザインなど、素敵なものがたくさんあります。でも、私は ”自分らしさ” にこだわって、自分の好きなものを選び、自分に似合う色形の小物を自分の手で作り出すことで、世界でひとつの思い出に残るドレスを着ることができました。

作ったものは全部持ち帰って、後に残しておけるというのも高ポイントですよ♪

↓ドレスに合わせたヘアースタイルに関する記事もまとめています♪

花嫁の髪型!ウェディングはセーラームーンヘア+ティアラ|カラードレスはダウンスタイル
結婚式の花嫁の髪型について書いています。花嫁ヘアースタイルを、ドレス別に写真付きで載せています。前髪あり、前髪なし、アップスタイル、ダウンスタイル、手作りしたヘッドドレス(お花とリボンの髪飾り)の紹介もしています。

ドレスのレンタルと購入、メリットデメリットの紹介

私が実際に、ドレスをレンタル&購入した際に感じたことをまとめておきます。

メリット

それぞれの便利だと感じた点、よかったなと思った点を書きます。

レンタルの場合

・当日までドレスの管理やメンテナンス(お直し)をしてもらえる。

・使用後もクリーニングや管理の必要がない。

・会場と提携のショップの場合は、会場まで運搬してくれる。

・会場と提携のショップの場合は、割引やオプション(小物類)の特別価格がある。

購入の場合

・種類が多く、自分で選べる。

・費用は予算に合わせて、自分で選べる。

・自分の手元にあるため、アレンジが自分でできる。

・終わった後も手元に残るので、後撮りができる。

それぞれに良さがあります。特に、レンタルの方は、自分で管理や運搬をしなくてもよいという点で、準備がとても楽でした。

購入の方は、費用を抑えたい場合や、たくさんの種類から選びたい場合にお勧めします。

私は、カラードレスを購入し、ウェディングの後はマタニティフォトでも着用しました♪

デメリット

それぞれの不便だと感じた点、困ったなと思った点を書きます。

レンタルの場合

・費用や種類が大方決まっている。(安くはできない)

・汚したり壊したりしたときのための保険料がかかる。

・自分で管理できないので、メイクや小物を合わせる日を設けなければならない。

購入の場合

・お直しや小物の特別価格などのサービスがない。

・管理や運搬を自分でしなければならない。

私が利用した、会場と提携しているレンタルドレスショップは、プラン料金以上のお金は自分持ちで支払うという仕組みでした。もちろんプランで収まるものもなくはないですが、大体+5万円~ぐらいからだと、選べるかなという感じでした。

購入の方は、ドレスを会場に運ぶ手間がかかります。大きなドレスを持ち運ぶのは、想像以上に大変です。

私は、会場に持ち込む品が多かったので、ドレスも前日までに宅配で届くように手配しました。会場に、荷物の事前持ち込みは可能かどうかを確認しておくと良いです。

以上「ウェディングドレス選び|レンタル?購入?|カラードレスの選び方は?」の記事でした♪

コメント