実際に行ったウェディングプログラム|流れとテーマ|ゲスト参加型の演出ご紹介|写真アリ

レストランWeddingの全体の流れ(ウェディングプログラムの紹介)や、ゲストとともに楽しんだいろいろな演出について書こうと思います。また、ウェディング全体のテーマをどうやって決めたかも書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

全体の流れ(当日のウェディングプログラムをご紹介!)

実際に私が行った披露宴のプログラムをここに書いておきます!赤色マーカーの部分は、この記事の後半にて詳細を記載していますので、参考にしてください。

1、手作りオープニングムービー上映
2、新郎新婦入場
3、新郎新婦挨拶
4、主賓挨拶(新婦職場 所長より)
5、乾杯(新婦職場 副所長より)
~歓談~
6、友人代表挨拶(新郎新婦共通の友人)
7、手作り余興ムービー登場と上映(登場シーンにラジコン使用)
8、新郎新婦中座(新郎エスコート母、新婦エスコート弟)
9、手作りプロフィールムービー上映
10、新郎新婦入場(ラジコン使用)
11、ウエディングツリーお披露目・結婚証明書サイン
~歓談~
12、バルーンスパーク・フォトラウンド(チェキ撮影)
13、バルーン当選者発表・チェキ撮影
~歓談~
14、新婦感謝の手紙
15、新郎挨拶
16、両家代表挨拶(新婦父)
17、新郎新婦退場
18、手作りエンディングムービー上映
19、お見送り(プチギフトお渡し)

11時開始で、最後のお見送りが終わって14時半くらいでした。

挙式と二次会は行わず、レストランウェディングのみでたっぷり3時間半!おいしいお食事と、楽しい時間を提供できました。

挨拶を新婦の職場の上司に頼みました。

今時は、絶対に新郎側から挨拶する人を出さなければならない と こだわる必要はない と、プランナーさんから聞きました。いろいろな家族の形がありますものね。

ウェディングのテーマを決める(TKO!)

はじめに、テーマを考えました。いろいろ参考にして考えましたが、とりあえずまずは好きなものをキーワードにして並べてみました。

アニメ、アニソン、かわいいもの、ハムスター、ピンク、黄色、ゴールド、きらきら、ふわふわ、りぼん、可愛い女の子、おひめさま…

本当に思いついたがままに並べました(笑)

次に、キーワードを具体化していきました。

アニメ
⇒ セーラームーン、マクF、ラブライブ、プリキュア

かわいいもの
⇒ レトロ・アンティークな雑貨、小さいお花、ハムスターたち

きらきらふわふわおひめさま
⇒ ドレスのイメージに繋げました。


⇒ テーマカラーにしました。

こんな感じですこしずつイメージを広げました。これらは、ウェディングの準備を仕切る私が提案した、具体的なテーマのイメージです。

ここに、旦那さんの好きなものも組み込みました。

旦那さんは、ラジコンが趣味で、その世界ではちょっと名前が知れている人物のようです(笑)ので、余興ムービーを焼いたDVDや結婚証明書をラジコンで運ぶという演出を取り入れました。

旦那さんはとにかく楽しい会にしたいというので、キーワード「楽しい」と、私の提案したテーマを総称したキーワード「かわいい」

そして、会場のみんなが「面白い!」と思えるオリジナルな会にしたい。

そんな願いを込めて、「楽しい」「かわいい」「面白い」の頭文字をとり、ふたりのウェディングテーマを「T・K・O」と決めました。(笑)

実際にスピーチでこのことを話したら、笑いが取れました~!!

ウェディングのテーマや流れを考えるときには、はじめに自分の好きなものをキーワードとし、そこからイメージを具体化していくと良いです。

ゲストも楽しめる演出や仕掛けを考える

ネットやインスタを見ていると、本当にいろいろな演出が出てきます。ありすぎて決められません。そこで私が重要視したポイントが、「コスパ」「見栄え(写真写り)」です。

やはりコスパは大事です。費用対効果を考えるということですね。ネットやインスタで検索した卒花さんの画像を参考にしました。

手作りムービー

ムービー関連はすべて手作りして、持ち込みました。ムービーの作成料費用は、音源をダウンロードしたくらいで、ほかに料金は掛かっていません!

作成に使った機材は、スマホとパソコンのみです。私はスマホやパソコンに精通しているわけではないですが、どれも自分の思うとおりに作ることができましたよ。

ムービー作りの詳細は、ほかの記事でご紹介したいと思います。以下には、私が手作りしたムービーの内容と、会でどんなふうに取り入れたかを書きたいと思います。

オープニングムービー

オープニングは、私の好きなアニメのPVや曲になぞって、作りました。

大まかに言うと、普通の女の子が、今日一日だけは魔法がかかってステキな1日が過ごせる〜みたいなイメージで制作!使った曲は、マクFより “虹色クマクマ" です(笑)

曲中の【オープンランカ♪】のセリフのところで、ドアを開けてもらって入場しました♪

余興ムービー

作るのが一番大変だったのがこの余興ムービー!

私と旦那さんの共通の趣味がラーメン屋に行くことなので、ラーメンをテーマにしたムービーを、新郎新婦自らが出演して作りました。

まず、ラーメン屋さんに行ってラーメンの写真を撮ったり、帰りにラーメン屋さんの前で自分たちの写メを撮りました。

次に、私の職場で使っている"ラーメン体操"という曲に合わせて、自分たちが体操を踊るムービーを撮りました。撮影機材はスマホで、自宅にて撮影しました。

私はチャイナ服、旦那さんはラーメンマンをイメージした衣装で撮影しました!

最後に、"ラーメン体操"の曲と、踊りの自撮りムービー、ラーメン屋さんで撮った写メを使って、近所のラーメン屋さんを紹介していくというムービーを作りました。

このラーメン体操という曲は、私の職場(保育園)で、子どもたちと一緒に踊っている曲です。ゲストには、私の先輩や上司をたくさん招待したので、私たち夫婦の踊る姿がスクリーンに映し出されると、大きな歓声や、手拍子が始まって盛り上がりました♪

また、余興ムービーを紹介するために、新郎が、ラジコンにムービーを焼いたDVDディスクを乗せて運んでくるという演出を取り入れました。

この演出は、インパクト大でした!ラジコンはどうしても地を這う形になってしまいましたが、そんなことよりも旦那さんの操縦技術がピカイチで(笑)ゲストテーブルの周りをくるくると回ってくれたので、ゲストもとても喜んでくれました。

旦那さんのラジコンには、私がウェディング仕様の飾りつけをしました。ラジコン登場の前後は、ウェルカムスペースに置いて飾っていました。

プロフィールムービー

新郎新婦のプロフィールムービーは、二人が好きなアニメ、ラブライブより "Love wing bell" の音楽をメインに作成しました。

こちらの内容はよくある感じのもので、構成としては

新婦 生い立ち写真(幼少~現在)BGM "ミラクル全開パワー"

新郎 生い立ち写真(幼少~現在)BGM "情熱大陸"

新郎新婦の出会いと思い出の写真 BGM "Love wing bell"

の順で、作成しました。全部で5分程度の内容です。

このムービーは、新郎新婦が中座している間に流しました。

ちなみに、新郎の紹介場面では、情熱大陸の音楽にのせて、「ラジコン一筋の幼少期」というテーマで、情熱大陸風に作りました。笑

エンディングムービー

エンディングムービーは、エンドロールのような形式で作りました。

BGMは、新郎新婦のふたりが好きなアニメ、ラブライブより "僕たちはひとつの光" にのせて作成しました。

ムービー作成用に使用した写メです。歌の歌詞が、このウェディングになぞらえているかのようなイメージで作りました。

バルーンスパーク・フォトラウンド(カメラマン撮影&ワイドチェキ)

バルーンスパークとは、大きな風船を針で割り、中から紙吹雪や小さな風船が飛び出してくるとても華やかな演出です。私はバルーンスパークを、このウェディングのメインとして取り入れました。ウェディングのテーマ「TKO(楽しい・かわいい・おもしろい)」を実現するのにもってこいだと思ったからです。

ゲスト層(自分たちより年齢が上の方々が多く、既婚者も多かった)に配慮し、ブーケトスに引けを取らない華やかな演出として選びました。演出を考えるときには、ゲスト層にも頭に入れておくと良いですね。

私たちは、フォトラウンドを兼ねたバルーンスパークを行いました。また、バルーンを使ったミニ抽選会の企画もしました。

大きなバルーンの中に、小さなハートのバルーンが10個(10色)入ったものを、各テーブルに用意しました。

新郎新婦がテーブルをまわって大きなバルーンをスパークする(割る)と、中から小さなバルーンが飛び出すので、それをゲストに一つずつキャッチしてもらいました。

全部のテーブルでスパーク&キャッチが終了したら、最後は新郎新婦がメインテーブルで同じくスパーク&キャッチをし、新郎がキャッチした風船と同じ色の風船を持ったゲストに、チェキ撮影と、プレゼントを渡しました♪

バルーンがパンとはじけるドキドキ感と、ゲーム感覚のワクワク感を演出することができ、会場のみんなで楽しむことができましたよ。

バルーンの中にカラフルな小さなバルーンが入っているので、とても見栄えが良く可愛かったです。高砂席にもスパークバルーンを飾りました♪写真映えしていますよね!

高砂席に飾ったスパークバルーンは、何かあった時のために予備として置いたものでもあります。

また、バルーンスパーク後に、ゲストがミニハートバルーンを手に持った状態で、フォトラウンド(カメラマンのスナップと、ワイドチェキでの撮影)を行いました!

色とりどりの華やかなミニハートバルーンが、写真に色味をプラスしてくれて、とてもかわいい写真&チェキが出来上がりました。

撮影したチェキは、自分で持ち込んだコルクボードに飾ってもらい、出口に置いてもらいました。撮った写真がすぐ見られるのがチェキの醍醐味です!帰り際までゲストが楽しめる工夫ができたなと思います。

ちなみに、バルーンの抽選会で当選したゲストへのプレゼントは、ソックスにしました。二次会も行わなかったので、二次会チックな演出を入れたくてこの抽選会を考えました。景品に関しては、 お気持ちでよい とのプランナーさんからのアドバイスで、そのようにしました。

ウェディングツリー(結婚証明書)

受付にて、ゲストにウェディングツリーの制作のご協力いただきました。

ウェディングツリーとは、ゲストにサインや指印を押してもらうことで完成する、結婚証明書です!

ちなみに、ウェディングツリーのところに案内役を置かなかったせいで、写真のようにスタンプ台を直接押している方がいらっしゃいました。案内役を置くのは必須ですね。

写真の右上に写っているのは、手拭き用のウェットティッシュとゴミ箱です!

スタンプインクにもこだわりました。発色がよく、速乾性があり、色が長持ちするものを選びました。おかげで出来上がったウエディングツリーは、とても明るく可愛い感じになりました。披露宴が終わったあとは、部屋に飾って毎日眺めています。

私はテーマに合わせて、風船がモチーフの結婚証明書を手作りしました。ネットで探すと、色々なモチーフのものが出てきますよ。

ゲストに作ってもらったウェディングツリーを、新郎新婦のお色直し入場の時に、ラジコンを使って運びました。

器用に操縦して、ゲスト席の周りをまわったので、ゲストからも「おお!すごい!」との歓声が沸きました!

会の中で、ゲストの前で新郎新婦がサインと指印を押して完成させました。このとき、夫婦になることの宣誓なるものも行いましたよ。

私は、挙式を行わない代わりに、この演出を取り入れました。

ゲストと共に作り、ラジコンで運ぶというユニークな方法で結婚証明の演出をしたことで、ゲストを楽しませ、より思い入れのある証明書が出来上がりました。

可愛い結婚証明書が出来上がって、写真映えもバッチリでしたよ♪ちなみに、スタンプの色は、セラムン5戦士の色と対応してます!

歓談中のBGM

歓談中のBGMに関しても持ち込み可能だったので、自分でプレイリストを作りました。BGMの選曲にあたってポイントにしたのが、ゲストが楽しめる曲選び です。

ゲストには、自分より目上の方も多かったため、みんなが知っている曲や、招待した友だちの好きなアーティストの曲などを選びました。

しかし、ゲストひとりひとりの好みに合わせると、曲の数がとても多くなってしまいました。そこで活用したのが、スマホのアプリです。それぞれの曲を良い感じにつなげてくれるDJアプリを使いました。

DJアプリで生成した音楽をパソコンに送り、パソコンでCDに焼きました。

DJアプリを使って曲の盛り上がる部分だけを繋ぎ、短い時間で多くの曲を流せるようにしたことで、より多くのゲストの好みの曲を使うことができました。

 

コメント